現役道化師から学ぶ講演 感想2

空気を変え、空気を作る能力が抜群。世の中にはすごい人がいるもんだなと感心させられました。

 芸を交えてのパワーあふれる約90分間の講演、聴く人を前のめり、釘付けにする技術には
本当に驚きました。今回学んだ多くのことを今後の自分に生かして行こうと思います。

医療であるパッチ・アダムスが何故に道化をするのか? 彼は医者である。愛とユーモアをベースに優しい「医療」を実現するのが「軸」であり立ち位置。

大棟氏は本職は道化であり、その専門技術を使って社会貢献活動するのは、「アホ、バカ、ちんどん屋(道化)」と言われた中での「地位向上」の闘い。「保険屋」と呼ばれた者が、専門性のある「保険知識」を活用して、コンサルタントへ自らの地位向上を図る営みに通じる気がした。真剣に立ち向かう。

※ユーモア→ヒューモア→ヒューマン語が語源。人間が好きであることが基本。好きであるから「行動」に移れる。