現役道化師から学ぶ講演 感想9

決められた時間の中でできるだけ多くのことを伝えたいという熱意がひしひしと伝わってきました。講師としての責任という枠を越えて、一人の人間として「来てくれた人全員に自分の経験が一つでも役立ってくれたらうれしい。」という情熱というか心の優しさを感じました。

講演が終わった後、私は次の予定があり誰よりも先に会場を出ましたが、ひとりのお客様も逃さずお見送りをしようという気持ちからなのでしょう、すでに会場出口で彼が立っていて握手の手をさしのべてきたのには感激しました。これも彼の言う身の丈のサービスということかもしれませんがとても気持ちが伝わってきました。

そんな彼も「自分ももともとは根暗だった。明るい人間になろうって自分自身で努力してるのに変われないって悩まなくても明るい人の近くに寄っていってその人の真似をすることで少しずつ変わる事ができる。」という話は自分を変えることに対するハードルの高さを少しだけ下げてくれましたし、勇気をもらえました。